やめアプ

会社をやめてアプリ開発者となった筆者の日常を書き連ねていきます。

【Unity】課金機能を導入〜プラグイン選定編〜

Unity自体はApp Store/Google Play向けの課金機能を提供していません。よって、課金入りのアプリを開発したい場合は、自前で実装するかサードパーティ製のプラグインを使用する必要があります。

私はプラグインを使用したのですが、調べてみても意外に情報が少なく、「どれが定番のプラグインか?」もなかなか分からず苦労しました。今日はそのあたりの情報をまとめたいと思います。

なお、価格などの各種情報は2015年8月30日現在のものです。

 

【prime31】

Asset Storeで販売されている有料プラグイン。prime31というのはパブリッシャー名です。『iOS StoreKit In App Purchase Plugin』『Android In App Billing Plugin』 が別売りされていて、各$70。Unityユーザーの中では定番課金プラグインの1つのようで、その安心感から私もこれを選択しました。日本語の解説ブログもそこそこありますし、シンプルなのでサンプルソースを見るだけもほぼ実装できます。

 

【Unibill】

こちらもAsset Storeで販売されている有料プラグインApp StoreGoogle Playだけでなく、Amazonアプリストア等にも対応したオールインワンパッケージになっています。価格は$175。こちらもprime31と双璧をなす定番課金プラグイン……のようだったのですが、なんと現在Asset Storeから購入できなくなっております……! 一時的なものなのか、販売終了してしまったのかは不明です。prime31を2つ買うより割高ですが、Amazonアプリストアにも公開したい人には良い選択肢になる……と思っていたんですけれど。

 

【SOOM.LA】

無料プラグインといえばこれが定番のようです。iOS/Android両対応。SOOM.LAというのはやはりパブリッシャー名です。日本語の情報は少なめですが、利用者は多く実績もある模様。課金機能単体のプラグインというより、ゲーム内でのアイテム管理システムも含めた総合パッケージという感じらしいです。ちゃんと使いこなせば便利そうですが、シンプルに課金機能だけを導入したい場合には煩雑な印象でした。

 

【appC cloud】

広告SDKに各種便利機能がついており、その中の1つとして課金機能があります。日本のサービスですしチュートリアルも充実。導入実績も多そうです。ただしアイテム購入画面のUIがある程度決まっており、100%自由にはできないのがネックです。有名アプリ『おじぽっくる』で導入されているので、課金画面を確かめてみるとよくわかります。

 

以上となります。

有料でも良いから簡単・確実に導入したいのであればprime31はおすすめできます。無料にこだわるならSOOM.LA、日本語にこだわるならappC cloud、という感じでしょうか。

もちろん他にも選択肢はありますが、定番どころならこの中から選べば間違いないと思います。

 

prime31での実装方法についてはまたいずれまとめるかもしれません。